ホセ・ムヒカのスピーチ

*動画はムヒカ氏のインタビューです。講演動画がありませんでした。
ホセムヒカ氏の初来日した時の、講演のテーマが、「一番大きな貧困は孤独」でした。
彼はウルグアイの大統領という役職についていましたが、世界で一番貧しい大統領としても有名です。
彼が4月に行った東京外国語大学での講演をご紹介します。

生きるとは

それぞれの人たちがいろいろ価値観を持っているでしょうけど、一番重要な価値観とは、生ということです。
生きていること自体が私達にとって、一番大きなキセキなのです。

更にどのようなキセキかと言えば、それは無限のキセキであり、それはここから、いろいろなチャンスが生まれてくるからです。
文化を創り上げることもできますし、 理性的に考えることもできます、文明を作り、私達は、そして文明の一部に過ぎないのです。

自然が私達に特権を与えてくれていることを、気づかねばならないのですが、すぐに人間って忘れてしまうものでもあります。
それは、人間が、ひたすら死に向かって生きる存在であるからかもしれません。

私達は、創造することが出来ます。
自分自身の道を築いていくことが出来ます。
意識というキセキで向かっていくことが出来ます。

二つの選択の方法

私達人間は、二つの選択の方法を持っています。
生まれたから生きることであり、他の人たちのような生き方をしようと思えば出来てしまうのも人間です。

そして、私たち自身の人生というものを方向付けることが出来るのも人間の選択です。
生のキセキを私達は、人間として行き続けて行くのです。

それが何かといえば、自分の意思の問題に関わっている問題です。
意思があり、いかにコミットするかという問題に関わってきます。

コミットする

コミットするということは、私たちが多くの恩恵をうけていると理解することなのです。
世代に渡ってのものを受け継いで行くことでもあります。

世界がこれからどうなっていくか、今後の世界がどうかという問題もコミットに関わる問題です。
私達は、多くのものを引継ぎ、だから、今後の世代の人たちに残したりすることが出来ます。

人生、それは、種というものに対しての考えなのです。
だから、私達は、今後、ここに来る未来に対して、もっといい世界を作っていこうというモチベーションも生まれるはずです。

私たちの文明

しかし、私たちの文明という存在が、 経済というものとして表だち、倫理、哲学と言ったものから乖離してしまったのではないかという思いがあります。
経済というスーパーマーケットでは私達は、なんでも購入出来ると言います。
しかし、そのような場所では、人生の年月というものを購入することが出来ません。

私達が私達の人生ということに対して、直面すれば、私達は、スーパーマーケットのシステムに流されることではなくて、一人一人が努力をしていかなければなりません。
他人が働くのに任せ、自分は労せずに生きるというのはあり得ないことです。

しかし、あなたは、スーパーマーケットで買い物をします。
あなたが買い物をしているものとは、 あなたの人生の一部の時間であり、そして、その時間をお金を稼ぐために費やさなければならない人生の一部の時間で払っているということです。
だから、時間を尊重しなければならないですし、節度ということも意識して生きていかなければなりません。