スティーブ・ジョブズのスピーチ

偉人の人たちが、どのような言葉を述べているかしっかりチェックしてみましょう。そして、真似る部分は、真似て自分自身も大きな成長して行けばいいのです。

スティーブ・ジョブズ

今回の偉人は、スティーブ・ジョブズです。
スティーブ・ジョブズももう既に、過去の偉人となってしまったのです。
その貴重な存在を無化しないように、エキスを吸い取っていただきたいと思うのです。

Stay hungry, stay foolish

スティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の卒業式で語ったスピーチを、 Stay hungry, stay foolishという言葉で締めくくったということは、あまりにも有名です。
この一節には、いったいどのような意味が含まれているのでしょうか。
そのまま直訳すると、「飢えなさい、馬鹿であり続けろ」という感じなのです。

そのまま言葉通りの意味で受け取れば、あまりいい感じもしないのですが、更に追求すれば、hungryには、渇望せよという意味があり、現状にそんなに簡単に満足するなという思いが込められているようです。
そして、foolishを、常識に従うな、安易に、常識に甘んずるなかれという意味として解釈をすることが出来ます。

私達によって、既成が目的なのではなく、既成の壁を当たり前に越えていくモチベーションが大事なのです。
それは、foolishの精神を持っていなければ次へは進んでいくことが出来ないのです。

そのように考えると、スティーブ・ジョブズがいかにも言いそうな言葉にも聞こえてきます。
死ぬまで青くありたいと言ったのは、孫正義のようですが、そのような意味をここにとらえている人たちもいるようです。

スピーチの全体からわかること

stay hungry, stay foolishだけを見ると、言葉には限界というものも存在しています。
しかし、更に、スティーブ・ジョブズを知り、スピーチの全体像を知れば、いろいろ幅広く見えてくることがあります。
その言葉と同時に、私達は、スティーブ・ジョブズの業績、スピーチ全文を追っていかなければなりません。

スティーブ・ジョブズがスピーチはで、このようなことを語っていたのです。
ごくごく簡単に言えば、点と点はつながると信じ選択しろ、愛と敗北が、私達の人生を豊にしていくものであり、そして、私達には死というものが存在しており死を感じて今日を生きていかなければならない。

今の決断は、点に過ぎないのです。
しかし、点として解釈している人たちは、点に留まるだけです。

未来の点と必ず繋がるものと考えていかなければなりません。
そして、死が存在しているから、あれこれ他人のことも気にして進んでいく時間など存在はしてないのです。

私達は、死を前にして、失うべきものなど存在してないはずなのです。
そんなものを恐れず、未来へ次の点を目指して進んでいこうではありませんか。
stay hungry, stay foolishには、そのような解釈も込められているはずです。