ポッキー&プリッツの日

ポッキーの起源

有名なグリコ株式会社では、「11月11日」をポッキー&プリッツの日と定めました。
日本記念日協会の認定を受けており、正式に11月11日はポッキー&プリッツの日だと国民が認知しています。

ポッキーといえばスティック状ですよね。
これが、数字の1に似ていることから、平成11年11月11日にスタートした記念日だそうです。

そもそもどうして「ポッキー」という名前がついたのか。
それは、製品を食べるときに「ポッキンポッキン」と音がすることから名づけられたそうです。
また、発売当時のパッケージは横長で、プリッツにチョコレートをかけ手に持つ部分が汚れないようにという単純な発想から生まれました。

世界中で愛されている

ポッキー&プリッツの日は日本生まれですが、全世界で親しまれています。
ポッキーは、タイをはじめベトナムや中国、カナダ、アメリカなどで発売されています。

韓国でも販売が始まり、ポッキー&プリッツをマネした「偽物」の製品まで発売されているほど。
本物ですが、マレーシアでは「ポッキー」ではなく「ロッキー」という名前で販売されています。
どうしてポッキーじゃないのかというと、マレーシアではイスラム教徒が多く「ポッキー」という言葉が「ポーク」を連想させるため、商品名を変更していると言われています。

地域限定ポッキーが生まれた理由

地域限定のポッキーをご存知でしょうか。
その地域のご当地商品として販売されているポッキーで、有名なものといえば北海道の「夕張メロンジャイアントポッキー」など。

その地域の名産品とポッキーがコラボした商品で、1994年に業界で初めて地域限定お菓子が開発されました。
そこから全国的に展開していき、その他のメーカーも取り入れるようになったそうです。

現在のポッキーの種類はなんと、20種類を超えています。
地域限定のジャイアントポッキーを合わせると30種類以上にもなるほど。
食べやすく親しみやすいシンプルさから、庶民は受け入れやすかったのかもしれませんね。