部下と上手に話すコツ

部下との会話で重要なこと

部下と話をするときに、緊張していては意味がありませんね。
PAK24_akusyuwokawasuhutari1194500_TP_V
上司は部下の手本であって、「仕事だけではなく、社会人として教育する立場」です。

尊敬することができ、敬い慕うことができる存在得。
そこで、部下とのコミュニケーションで重要なことは、「本人のためになる会話」をすることです。

本人のためになる会話とはどのようなものでしょうか。
部下のやる気を引き出し、専門知識やスキルなどを与え、本人が持っている目標を最大限に達成できるようサポートする会話です。

まず、部下にとって上司との会話でもっとも大切なことは、「本人のやる気を引き出させるような会話」
本人が持っている欲や希望を引き出して、やる気を持たせることです。

手始めに「やりたいこと」を自覚させ、実行に移せるような土台作りをサポートしましょう。
今やりたいことは何なのか?「やるべきこと」ではなく、「やりたいこと」です。

その中で、部下が持っているスキルや専門知識を踏まえて、サポートできる知識は与えましょう。
「何ができるのか」という価値が生まれ、部下は成長することができます。

そこから、「やるべきこと」を考えていきます。
部下は真っ先に、やりたいことを考えバランスを保ちながらやるべきことをしっかりとこなせるような人材になっていくよう心がけるべきです。

この3つの「やりたいこと、できること、やるべきこと」を確認させて、優しく、時に厳しく話すのが上司の役目。
会話の中にはこの3つのことを盛り込むと良いでしょう。

マネジメントとして考えてみよう

上司は部下を成長させる大切な存在。
あなたは、部下のマネジメントをしていると考えてみて下さい。

上司がするべきことは「教える」「促す」「任せる」というマネジメントです。
一人前だと認められるようになるには、教えることも大切ですが自分から学ぼうと言う姿勢を促す必要もあります。

そして、まずは任せてみなければ話になりません。
不必要なことはいりません。
部下にとって、必要だと思うものだけ吸収させていき、徐々に成長させることが大切です。

会話の中では「押し付ける」ばかりではなく、促し、そして部下に一任できるような流れで進めていきましょう。
過度の干渉は成長を妨げます。
遠くから見守ることも上司の役割です。

部下とのコミュニケーションのあり方

部下の成長に合わせてコミュニケーションを取る。
これが良い上司であり、部下と上手に会話をするコツです。

自分が成長したと感じたとき、人から認めてもらえたとき、部下は一番仕事にやりがいを感じるでしょう。
「どうしてこんなことも出来ないのか」と怒鳴ってばかりではいけません。
部下の言動は上司の責任、「こんなこともできない」のは上司の責任でもあるのです。

コミュニケーションを取っていくと、時間と共に内容も細かくなりレベルも上がっていきます。
1年も共に仕事をすればより濃い会話ができるようになるでしょう。
そんな1年後の成長を感じられるよう、会話の要点を掴みながら部下を成長させることができるコミュニケーションを心がけて下さい。