汗がにおう理由は?対策法は?

良い汗の特徴、知ってますか?

体臭と汗は密接な関係があります。
どうして汗はにおうのかわかりますか?

汗には、良い汗と悪い汗があります。
良い汗はにおわないって知っていますか?

良い汗と言っても、においのない健康的な汗のかきかたをするのは当たり前です。
悪い汗が出て汗がにおっているのなら、健康状態が悪いもしくは何らかの病気になってしまっているのかもしれません。

人にとって必要なミネラル分は、血液に吸収された水分とわずかな塩分が汗として皮膚に排出されます。
通常は体温調整の為の良い汗であり、この汗はにおいません。

良い汗は、水に近いサラサラの汗です。
水に近い特徴から、すぐに蒸発して気化熱となり、体温調整がスムーズに行えるのです。

人は何か不調があると、良い汗ではなく悪い汗をかきます。
つまり、におう汗をかいている方は、体のどこかの機能が正常ではないということです。
まずは、悪い汗の特徴についてみていきましょう。

悪い汗の特徴とは

汗は汗線から出てきます。
汗線の機能が悪いと、ミネラル分を吸収せず水分と一緒に出てくる汗はべたべたしているという特徴があります。
その為、体温調整をしっかり行えず悪い汗となり当然、においもあります。

どうして悪い汗が出るのか?
肉食だったり、油ものや甘いものをたくさん取っていたり、生活習慣が悪い、なども悪い汗をかく原因です。
その他にもストレスや運動不足も原因となる可能性が。

最近は、子供でも「エアコンがあって当たり前」の生活であり、汗をかく習慣が減っている傾向にあります。
汗線は、本来の働きが十分にできないのです。

汗線には老廃物や角質がたまります。
その溜まった汚れが一緒に排出されて、さらに悪い汗となります。

汗をかくタイミングってわかりますか?
運動をした後の体温調整もそうですが、緊張した時や不安なときも汗をかきますよね。
これは、突発的に出る汗であり急激に汗をかくので機能がおいつかずに悪い汗となる可能性もあります。

一概に、生活習慣が悪いから悪い汗をかくのだとはいえません。
では、どうすれば良い汗をかくことができるのでしょうか。

汗がにおわないようにするには

通常の良い汗は、汗をかいた後すぐに乾燥するためにおいません。
衣服がにおう場合は、たまった汗が衣服について、酸化し、雑菌がわいてにおいの元となっているのです。

良い汗をかこうと思ったら、汗線の機能を正常にするのが一番です。
まずは生活習慣を正しましょう。

睡眠と運動はしっかり行ってください。
そして、食生活ではバランスの良い言食事を心がけましょう。

スポーツなど激しい運動をして汗をかくと、脇の下にあるエクリン線と呼ばれる汗線は活発に働きます。
だから、わきは特に汗をかくのです。

エクリン線からでる汗はほぼ水分ですが、ミネラルが多いとにおいの原因となります。
ミネラルを再吸収する機能を正常にするためには、生活習慣を正し体の機能を健康な状態にするしかありません。

体臭に悩んでいる方は、ぜひ汗のメカニズムを知ってください。
汗の特徴がわかれば、においを改善することも簡単ですよ。