睡眠90分サイクルは嘘だった?

睡眠サイクルを知っていますか?

正しい睡眠のサイクルをご存知でしょうか。
睡眠には2つの種類があります。
レム睡眠とノンレム睡眠と呼ばれるものですが、ノンレム睡眠は深い眠りでありレム睡眠は浅い眠りです。

一般的にはそう知られていますが、実はこの考えは間違っています。
ノンレム睡眠とは脳の眠りであり、レム睡眠とは脳の中を情報整理している体の睡眠なのです。

通常はノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返し私たちは眠っています。
1度の眠りは90分であり、90分ずつサイクルしながら眠っていると言われています。

きっかり90分の倍数は間違っている

実はこの「90分」という時間は正確ではありません。
このサイクルは、80分から100分程度でありきっかり90分ではないのです。

つまり、平均が90分であり80分の人もいれば100分の人もいる。
100分の人がきっちり90分で計算をして眠っていると、睡眠のサイクルが狂ってしまいノンレム睡眠で「起きなければいけない」と考えてしまう計算になることも。

良い快眠を得る方法

睡眠サイクルの平均値である90分はあくまで目安。
自分自身のサイクルを知る手立てはありません。

毎日測定して測るしかありませんから、特にサイクルに囚われずに眠ったほうが、ストレスは少ない。
快眠の天敵は「~しなければいけない」という考え方です。

眠らなければいけない、90分で計算をして、7時間半後に起きなければいけない。
こんな考えをしていては快眠を取ることはできません。

まずは、「いつ寝ても良い」「いつ起きても良い」と睡眠に対して自由な考えを持ってください。
自分の起きやすいタイミングを見つけて、良い睡眠がとれるよう心がけましょう。

また、良い快眠を得る方法がわかったら、実際の寝る環境を整えてできる限り自分の睡眠サイクルを計ってみて下さい。
睡眠のサイクルがわかると、自分がいつ寝るのがベストか?いつ起きるのがベストか、コントロールすることができますよ。