熱中症

熱中症とは

熱中症とは、高温な環境の下で体が適応できず障がいを起こした状態の総称です。
ppp_haretahinokumototaiyou500_TP_V
あくまで「総称」であり、医学的に熱中症という病名はありません。

症状は度合いによってわかれており、4つの症状が総称して熱中症と呼ばれています。
まず、軽度の熱中症が熱失神。
高熱によりめまいや立ちくらみを起こす症状です。

その次に、熱痙攣、熱疲労が続きます。
熱疲労は中度の症状で、病院での治療が必要です。

重度の症状が熱射病で、病院へ緊急搬送されるケースが多く太陽光の直射が原因で発症することの多い症状です。
近年では、すべて熱射病に統一されつつあります。
発症メカニズムはすべて同じ、高温化または高湿度化に長時間いることによって起こります。

熱中症になってしまったら

熱中症は市に至るケースも多く、万が一の応急処置は心得ておいた方が良いでしょう。
救急車を呼んで、ただの夏バテだったという話もあります。

熱中症は主に、吐き気やダルけ、立ちくらみやめまいがあります。
また、体がほてっているような感覚で意識がもうろうとしてしまいます。
これは確実に熱射病です。

意識がもうろうとしているのなら、迷わずに救急車を呼んでください。
そして、救急車が到着するまでは出来る限り応急処置を続けて下さい。
意識が飛びそうになっても、出来るだけ失わないように尽くしましょう。

熱中症の応急処置

熱中症の対策方法は、有名な製薬会社の公式ホームページで詳しく紹介されています。
>>大塚製薬

まず、水を適度に飲ませます。
大量に飲むと胃痙攣をおこす可能性があるので、要注意です。

水だけを大量に飲むと、体内の塩分濃度が薄まります。
尿や汗として排出されてしまうので水と同時に適度に塩分も取りましょう。

そして、体を冷やしてください。
冷たいジュースなどをハンカチやタオルで包み、冷やします。

衣服を緩めることも大切です。
涼しい場所に移動させて、日陰でうちわをあおぎながら救急車を待ちましょう。

熱中症は死に至るケースもあります。
将来的に障害が残ってしまう可能性もあるそうです。

熱中症の症状に気付いたら、すぐに対処してあげなければなりません。
また、周りの人は焦らず冷静に対応してあげてください。

熱中症対策のスピーチ例

夏場に注意しなければいけないことはたくさんありますね。
汗を一番かく時期ですし、体温調整が大切です。
中でも、熱中症対策は欠かせません。

熱中症は7月や8月などの夏だけではなく、6月、9月など夏がはじまる前と残暑中でもなりやすいため注意しましょう。
具体的な、熱中症の対策としては水分補給が大事です。
でも水分だけでは足りません。
夏場は汗をかくことで、水分が抜けていくのはもちろんですが、汗にはその他の成分も含まれており特に塩分が失われやすい状態です。
ミネラルも同時に失われていくので、水分補給はミネラルウォーターなどの硬水でこれらの成分も摂取するようにしましょう。

熱中症になったときに塩分を摂る方法としては、塩飴をなめたり塩をなめるだけでも効果があります。
梅干しやお味噌汁を食べるだけでも良いので、出来るだけ「塩分+水」を摂るようにしてください。