冬のスピーチネタ(1月~3月)

なぜか道路工事の多い冬

お正月から大雪、受験と卒業の季節。
ELFA88_yukidarumasan20150101144527500-thumb-815xauto-5846
なぜか皆が「焦ってしまう時期」でもある冬。

寒いせいか、精神的にも寒さを感じてしまうようなイベントが多々あります。
そんな中で心温まる恋人たちのイベントといえば、「バレンタインデー」

冬生まれの方って、最も心の温かい人だといわれているのはご存知でしょうか。
手が冷たい人は、心があったかいなどと言われることもありますが、冬生まれの方は「優しくて暖かい人が多い」という特徴があります。
逆を言えば、「浮気をしやすく、社交性がありすぎる人が多い」とも取ることができます。

バレンタインデー以外のイベントといえば、受験、卒業、学生なら修学旅行。
そして、ビジネスマンなら確定申告などもあります。

国全体を見てみると、道路工事が冬に多い傾向にあります。
どうして冬になると全国的に道路工事が始まるのか。
それは、年度末による国の予算の無駄遣いにあります。

通勤途中でも、どこかへ出かけた際にも見てみてください。
予算は、しっかり年度内に使わなければいけないのかわかりませんが、なぜか「道路工事」が多いように感じると思います。
無駄遣いだ!とは言いませんが、1年の間に集中してやらずに、もっと時期を考えて分散させてほしいと感じる時もありますね。

インフルエンザに注意

一般的にインフルエンザワクチンは、11月後半頃から摂取できるようになりました。
これは、早くからの流行を防ぐための処置です。
小学生は集団行動の中でインフルエンザを蔓延させやすいですから、小学生の子を持つ親は急いで11月中にワクチンを接種させます。

インフルエンザワクチンを打てば、インフルエンザにならないと思ったら大間違い。
実は、大人でもワクチンの効果は50%。
幼児では、20%程度でありほぼ「重症化を防ぐだけ」のために打つようなもの。

予防接種をしていたところで、インフルエンザになる子はたくさんいます。
でも、重症化を防ぐことができるのでだいたいは1週間程度の休みで済むはずです。

冬はインフルエンザに関するネタがとても活用できます。
なぜなら「人間で普段仕事をしている以上健康管理には気を付けたいから」です。

健康に興味はなくても、冬場には必ずインフルエンザのことが心配になるはず。
スピーチネタに迷っている方は、インフルエンザなどの話題性に乗っかってみてはいかがでしょうか。