バレンタインデー

世界のバレンタインデーはどうなってるの?

日本のバレンタインデーといえば、女性が男性に愛の告白をする日であり勇気を出してチョコレートを渡す日。
C824_chokoboxhana500_TP_V
一世一代の告白をされる方も多く、女性なら一度は憧れたことがあるでしょうが、「手作りチョコレート」を作って渡される方が多いでしょう。

今では、手作りチョコレートと言っても「料理が苦手な人でも簡単に手作りチョコレートが作れるキット」などが販売されていますね。
それだけ、バレンタインデーが日本で定着している文化だということが伺えます。

バレンタインデーは日本が起源ではありません。
当然、世界中でバレンタインデーを祝うイベントが行われています。

では、世界のバレンタインはどんな催しが開催されているのか?
世界中のバレンタインデーを見てみましょう。

ヨーロッパでは、男性から女性へ、女性から男性へプレゼントを贈ります。
チョコレートを贈る風習はなく、花やケーキ、カードなどの贈り物が用意されます。

北米では、男性から女性へとプレゼントを贈る風潮が強く、チョコレートも送りますが花やカードが定番です。
このエリアでは宝石などの高額な贈り物を用意される方も多く、恋人同士や家族観での、感謝の気持ちを込めたイベントとしてお祝いをします。
また、いずれも愛の告白という目的はありません。
義理で贈るバレンタインデーチョコもなければ、プロポーズの日として活用されることもありません。

一方で、韓国では、日本とほぼ同じ祝い方をします。
韓国には義理チョコの風習はなかったものの、日本の影響で増えつつあります。

バレンタインデーとは対に、3月14日はホワイトデーとしてバレンタインチョコをくれた人に贈り物をしますよね。
韓国ではそれの追加として、4月14日にバレンタインもホワイトデーももらえなかった人や恋人ができなかった者が黒い服を着て、チャジャンミョンという料理を食べます。
これを韓国では、ブラックデーと読んでいます。

バレンタインデーの起源とは?

ローマでは、豊作を祈るためのお祭りが開かれていました。
このお祭りはルペルカリア祭と呼ばれるもので、毎年2月に行われていたものです。

お祭りがおこなわれる前の日には、若い女性たちが札に自分の名前を書いて桶の中に入れておき、それを男性が当日に引き、名前が出た女性をパートナーとするといった習慣がありました。
このパートナーとはそのまま結婚をすることとなりますが、故郷にパートナーを残したままでは士気を下げてしまうという理由から、若い兵士は結婚が許可されていませんでした。
そうしたしきたりがあった中、キリスト教司祭のバレンタインは、兵士と恋人をかくまい、結婚をさせていたのでし。

その事実が発覚したことによって、バレンタインはルペルカリア祭りの際の生贄として処刑されてしまったのです。
この処刑された日が祭前日の2月14日だったことから、恋人たちの日としてセント・バレンタインデーと命名されるようになりました。
私たちが「告白の日」として活用していたバレンタインデーは、キリスト教司祭が処刑されてしまった日だったのですね。

バレンタインチョコの種類

通常は「本命チョコ」を意中の異性に渡すのがバレンタインデーです。
恋愛感情を持たない相手に対して贈るチョコレートを、義理チョコと言います。
また、友人に贈るチョコを友チョコと言います。

自分へのご褒美として購入するチョコを、自分チョコといい男性から女性に贈るチョコを、逆チョコと言います。
家族に贈るのはファミチョコ、男性が男性に贈るチョコレートをホモチョコと言います。